関連用語集

words

ホームページ制作業務にあたってたびたび使われる専門語句について、簡単に解説させていただきます。

一般語句

ホームページ

本来は、ウェブブラウザを起動した時やホームボタンを押した時に表示されるページのことを指す。
しかし一般的には、企業や事業主などが持つウェブサイトのことを指す場合も多い。
当サービスでは、後者の意味で使用。

ブラウザ

Webページを閲覧するためのソフト。
インターネット・エクスプローラー(IE)やGoogle Chrome、Safari、Firefoxなどがある。

キャッシュ

インターネットの一時ファイル・履歴・Cookie等の使用頻度の高いデータを、高速な記憶装置に蓄えておくことにより、低速な装置から読み出す無駄を省いて高速化する。

サーバー

他のコンピューターや機器からの要求に対し、機能やサービスを提供するコンピューター、またはソフトウェア。
ウェブサーバーに限定して言えば、HTMLファイル等のウェブページのデータを、世界中どこからでもインターネット経由で見れるようにしてくれる仕組み。

ドメイン

ネット上での住所のこと。
「example.com」や「example.jp」「example.co.jp」等がある。

IPアドレス

インターネット等のIPネットワークに接続されたコンピュータ1台1台に割り当てられる、固有の識別番号。

ウェブ制作関連

ワイヤーフレーム

ウェブページの大まかなレイアウトを示した構成図。
ウェブデザイン制作段階における、はじめの一歩として考えられる。

ウェブデザイン

ウェブページやウェブサイトの制作において、視覚的な面で、情報を整理したりレイアウトを考案しながら見た目を整え、デザインすること。
または、そのデザインそのもの。

コーディング

ウェブデザインまたは仕様書に基づいて、プログラミング言語を使いソースコードを作成すること。

SEO

Search Engine Optimizationの略で、検索エンジン最適化の意味。
検索結果ページで、自らのウェブサイトがより上位に表示されるように工夫すること。
SEO対策ともいう。

レスポンシブデザイン

ウェブサイトをパソコンやスマートフォン、タブレット端末等の複数のデバイスに対応させる際の、手法の一つ。
表示された機器の種類やサイズに応じて、表示内容が最適な状態に変化するように設定された単一のファイルを制作し、すべての機器に同じように送信する。
デバイスごとにそれぞれ複数のファイルを用意する手法と違い、制作コストが低くなり、メンテナンス性が高くなる。

インデックス

「索引」「見出し」の意味。
SEO用語でいうインデックスとは、クローラーが収集したウェブページのデータを検索エンジンがデータベースに格納すること。
検索エンジンにインデックスされてから、検索結果に表示されることになる。

ランディングページ(LP)

サイト訪問者が、最初にアクセスしてくる入り口となるページ。
ウェブマーケティングやウェブ制作においては、縦に長い1枚のウェブページを指す場合も多い。
その理由として、一般的に縦長1ページにするとコンバージョン率が高まるため、インターネット広告のクリック先として縦長のページが用意されている場合が多いからである。

アクセス解析

いつ・誰が・どこからホームページを訪れたか等の、アクセスに関する様々な情報を運営者が調査すること。
または、その機能。

コーディング関連

HTML

ウェブページを作成するために開発された言語です。
現在のインターネット上で公開されてるウェブページのほとんどは、HTMLで作成されています。

CSS

HTML等のマークアップ文書において、フォントや間隔、色彩等のスタイルを設定するための言語。
見栄えと構造を分離する目的で提唱されている。

Javascript

主にWebブラウザ上で動作する、ウェブページの使用感向上を目的として使用されるスクリプト言語。
スライドショーやタブ切り替え、「ページ最上部に戻る」などがその一例。

jQuery

JavaScriptのコードをより容易に記述できるようにするために設計された、軽量JavaScriptライブラリ。

Flash

音声やグラフィックスのアニメーションを組み合わせて作られる、アニメーション・ムービー系のファイルフォーマット。
Safariが対応しなくなる等、将来的にサポートされ続けるがどうかが不透明なため、当サービスでは基本的に扱わない方針です。

システム構築関連

CMS

Content Management Systemの略で、コンテンツ管理システム。
テキストや画像等の情報を一元管理し、サイトを管理できるソフトウェアのこと。

WordPress

無料で利用できる、世界的に有名な人気CMS。
当サービスでは、CMS化の際は基本的にWordPressを利用します。

ページの先頭へ