低価格の秘訣

原則一人での作業

一般的な制作会社ですと、Webディレクター、システムエンジニア、プログラマー、Webデザイナー、コーダー等、それぞれの役割を持った複数の人間が分担して作業します。
会社というのは常に人件費が発生していますので、それを回収するにはどうしてもコストが余計にかかります。

「誰かのためのホームページ制作」は基本的に全て一人で作業を行っています
利益上乗せもわずかであり、(胸を張れることかどうかはともかく)数ある制作業者の中でも最も低価格帯にあるといえるでしょう。

小規模サイト制作に特化

「誰かのためのホームページ制作」は小規模サイトに特化することで、大規模なシステム構築などの複雑業務を回避しています
制作可能サイトに限界があるものの、その分低価格で対応できるようになっています。

価格と制作物の質を柔軟に変更

制作会社によっては、「利益を出すホームページしか作りません」「自社管理・更新機能のあるホームページしか作りません」というように、制作物のクオリティを引き上げつつ低価格での受注を避けるケースもあります。
必要のない機能を追加し結果として高額な制作費を支払うと、費用を回収できないで終わるかもしれません。

逆に激安制作を売りにしている会社は、単に高品質の制作物を作れないという場合も多いです。
デザインや基本構成の質も伴わない、ひどい制作物が上がってくるかも?

安く作ってくれる良心的な制作会社は、意外と見つけづらいものです。

「誰かのためのホームページ制作」では、お客様のご要望に応じて、価格と制作物の質を柔軟に変更しています
「ほとんど更新しないホームページ作っても意味が無い」と主張する制作会社もおりますが、「ホームページは今後更新していく予定はない。しかし、信頼性のため一応作ってはおきたい。」というご事情をお持ちの企業も一定数存在します。
「名刺代わりのホームページ」のニーズは確実にあるのです。

「誰かのためのホームページ制作」では、価格と質は常に比例させつつ、お客様のご要望に沿ったホームページを提供します

営業力のなさ…

残念な理由でもありますが、「誰かのためのホームページ制作」は営業力が他社よりも劣ります。
そのため、「高価格帯での勝負がしにくい状況にある」という理由もあるのです。
リスティング広告も出稿していない状況です。

いま当ページをご覧頂いている事自体が、奇跡のような出会いです
この奇跡の出会いが嬉しくて、「誰かのためのホームページ制作」は低価格の提案をさせていただきております。
どのように受け止めるかはもちろんあなた次第ですが、その心意気が届いたならそれ以上嬉しい事はありません。

※ちなみに、将来的には自身のさらなる成長とともに価格の値上げを考えております。
ご依頼はお早めに!